あなたの街のうまいお米の業者をご紹介する総合サイト

うまいお米が食べたい!

お米Q&A

Q1.お米の栄養素を教えてください。

A1.ご飯1杯分(150g)に含まれる栄養成分。
エネルギー222kcal(体の組織を動かす)、糖質47.6g(体のエネルギー源)、たんぱく質3.9g(血や肉など体の基本を作る)、脂質0.75g(体のエネルギー源)、ビタミンB1 0.05mg(体の調子を整える)、ビタミンB2 0.02mg(美肌を作る)、ビタミンE 0.3mg(細胞や血管の若さを保つ)、カルシウム3mg(骨や歯を丈夫にする)、鉄分0.15mg(貧血防止)、マグネシウム6mg(肩こりなどを防ぐ)、亜鉛810μg(皮膚の再生を補助)、食物繊維0.6g(便秘などを防ぐ)
お米は世界中からそのヘルシーさで注目を集める存在です。
脂質はエネルギー源として重要で、肌の潤いを保ったりするうえでも必要ですが、取り過ぎに気をつけなければ、肥満や成人病の原因になります。高カロリーになりがちな現代の食生活では、十分な脂質がおかずからとれます。食パンを一枚食べるよりお茶碗一杯のご飯の方が低カロリーですし、パンにはバターやマーガリンを塗ったりするうえ、脂っこい料理の方が合うことを考えると、ご飯を中心とした食事の方がダイエットに適しているといえるのではないでしょうか。

Q2.なぜ単一原料米の方が良いの?

A2.品種、産地、産年の内どれか一つが違っても、単一原料米にはなりません。
90パーセントが魚沼産コシヒカリで、残り10パーセントが福島産コシヒカリでも、単一原料米の魚沼産コシヒカリにはなりません。複数原料米は、中身のよく見えないお米なので、できれば避け、できるだけ中身の分かる単一原料米を選びましょう。

Q3.なぜ、お米を研いではいけないの?

A3.「お米をとぐ」のは何の為に行われるのか?お米に付着したぬかやごみを除去する事を目的としています。ぬかに含まれる油分をある程度取り除かないと、炊きあがったご飯に好ましくない臭いが残ってしまいます。
研ぎすぎると折角残している「うまみ層(サブアリューロン層)」が、流れてしまう為、味も落ちるとされます。

Q4.美味しいお米を直接購入するためにどうやって農家と知り合えばいいの?

A4.できればおいしいお米を作っている農家と知り合いになって直接買うというルートを確立した方が良いに越したことはありません。自身のある農家さんは、JAに頼らず自分で販路を開拓している人も多いのでインターネットなどで探しても良いかと思います。
※参考に「世界初のソーシャルファーマー集団」を目指して「農業をカッコよくて儲かる仕事にしたい」と秋田の若手農家「トラ男」の活動をご紹介します。

・トラ男 公式サイト
http://www.torao.jp/

・トラ男Facebookページ
http://www.facebook.com/toraotoko

今すぐ探す

おすすめのお米業者をPICK UP!!

おすすめのお米業者を「うまいお米が食べたい!」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

Q&A QRコード